避けたい大凶方位『暗剣殺』(あんけんさつ)とは?

避けたい大凶方位『暗剣殺』(あんけんさつ)とは?

九星気学で五黄土星の向い(対沖)にある方角が『暗剣殺』(あんけんさつ)です。防ぎようのない災難を招く方位と言われていて、予想外の他動的な災禍が突発的に降りかかってくる方位です。文字通りあたかも暗闇から剣が突きだしてくるようなトラブルが突発的に起こってくる方位。

この方位への、移転・引越、建築、開業、結婚、不動産購入はとりやめにして難を逃れてください。

また、暗剣殺が自分の本命星に巡っている年は、運勢全般にわたって、大きなマイナスの作用を引き起こすので、注意と警戒が必要となります。

※暗剣殺などは、年盤だけでなく、月盤日盤などにもありますので、あわせて注意が必要です。

『暗剣殺』の影響とは?

『暗剣殺』の凶方位に動くと、予想外の災禍が突発的に降りかかってきます。
五黄殺の凶作用は自発的なものに対し、暗剣殺の凶作用は他動的なものだと言う特徴があります。

自分が注意していても、避けられないトラブルに巻き込まれる危険性があります。

災難としては、盗難・強盗・暴行・破壊・破滅・災害・詐欺、など、”自分が注意しても防ぎようのない”ものであることが特徴です。

例えば、交通事故で例えるなら、自分が起こす事故ではなく、追突されたりする。火事で例えるなら、隣の火が飛び火して、あなたの家が火事にあう。といった感じです。そういった点では、五黄殺より、怖いのかも知れません。

五黄殺と暗剣殺は対になっていて(五黄殺が回座している方位が五黄殺すで、その反対が暗剣殺です)、この二大凶殺はすべての人にとって脅威で、もっとも避けるべき凶方位です。

※暗剣殺の凶作用は、方位・巡っている星によって変わってきます

『暗剣殺』の方位に動いてしまったら。

『暗剣殺』の方位に移転・引越をしてしまったら、五黄殺の対処法と同様、神社にお参りし『八方除』の祈祷を受けると事が望ましいです。

五黄殺の対処法でも書かせて頂きましたが、『八方除』のご祈祷は、凶作用を和らげる効果はありますが、根本的な解決法にはなりません。

根本的な解決法は、『最大吉方位』で引越をする事!

ですが、引越はそう簡単にできるものでもないですし、最大吉方位がすぐ巡って来るとは限らません。星の巡りによっては、何年も先まで待たないと巡ってこないという時もあります。

ですので、出来る限り凶方位には動かない様に、注意した方が良いでしょう。

『暗剣殺』(二大凶方位)の方位【2020年〜2029年】

*下記が、各年の『暗剣殺』の方位となります*

   ※九星気学では、立春(2月4日頃)で歳が変わります。ご注意下さい。

・2020年:西

・2021年:西北

・2022年:※中央

・2023年:東南

・2024年:東

・2025年:西南

・2026年:北

・2027年:南

・2028年:東北

・2029年:西

 

『五黄殺』(二大凶方位)の方位【2020年〜2029年】

*下記が、各年の『五黄殺』の方位となります*

   ※九星気学では、立春(2月4日頃)で歳が変わります。ご注意下さい。

・2020年:東

・2021年:東南

・2022年:※中央

・2023年:西北

・2024年:西

・2025年:東北

・2026年:南

・2027年:北

・2028年:西南

・2029年:東

最新情報をチェックしよう!
広告