避けたい凶方位『本命的殺』(月命的殺)とは?

避けたい凶方位『本命的殺』(月命的殺)とは?

『本命的殺』(ほんめいてきさつ)とは?

九星気学では、本命殺の向いにあたるのが『本命的殺』(ほんめいてきさつ)です。

本命殺より凶作用の程度は小さくなりますが、この方位に向かっての建築、移転・引越、結婚をすると、”精神的”なストレスやトラブルで、心労が重なります。

(病気が起きる場合も、神経からの凶作用です)

※本命殺と本命的殺は対になり、(本命星の回座している方位と反対側が本命的殺となります)本命的殺も、年盤・月盤・日盤ともに存在します。

『月命的殺』(げつめいてきさつ)とは?

本命星は生まれた”歳”でみますが、生まれた”月”でみるのが『月命星』です。

本命的殺と同様、自分の月命星が巡っている向いにあたるのが『月命的殺』(げつめいてきさつ)となります。

月命的殺は、本命的殺の凶作用と同じですが、本命的殺ほど威力がないとされています。ですが、注意が必要な凶方位の一つです。

18歳までは、月命星の影響が強いので、18歳以下の人の引越などは、より注意が必要です。(18歳以下でも、社会的に自立している人は本命星でみます)

『本命的殺』(月命的殺)の凶作用とは?

『本命的殺』は、自らを破る方位と言われています。

本命殺が肉体面に影響が出やすいのに対して、本命的殺は、精神面に影響が出やすくなります。

本命殺と同じ様に、病気やケガなど健康上の災厄を招きやすくなる方位ですが、病気が起きる場合も精神からの凶作用です。

それに加えて、自らの錯覚判断ミス軽率な行動から、仕事や人間関係などを台無しにしてしまう事もあるので、注意をしないといけません。

本命殺より、凶の程度は小さくなりますが、注意が必要となります。

『本命殺』(月命殺)に動いてしまったら。

『本命的殺』の方位に移転・引越をしてしまったら、神社に『八方除』のお参りをしましょう 。ご祈祷を受けられるとより効果がえられると思います。また、吉方旅行に出かけるのも凶作用を和らげる効果があります。

ですが、凶作用を受けないためにも、避けられるものは避け、限り凶方位には動かない様に、注意した方が良いでしょう。

 

最新情報をチェックしよう!
広告