避けたい凶方位『本命殺』(月命殺)とは?

避けたい凶方位『本命殺』(月命殺)とは?

『本命殺』(ほんめいさつ)とは?

九星気学では、自分の本命星が巡っている方角が『本命殺』(ほんめいさつ)です。本命殺は、健康が損なわれる方位と言われています。

(※個々の本命星のより、一人一人異なります)

「本命星」の方位に向かっての建築、移転・引越、結婚をすると、”健康面”への障害となって現れてくるのが特徴です。

※本命殺も、年盤・月盤・日盤ともに存在します。

『月命殺』(げつめいさつ)とは?

本命星は生まれた”歳”でみますが、生まれた”月”でみるのが『月命星』です。

本命殺と同様、自分の月命星が巡っている方角が『月命殺』(げつめいさつ)となります。

月命殺は、本命殺の凶作用と同じですが、本命殺ほど威力がないとされています。ですが、注意が必要な凶方位の一つです。

18歳までは、月命星の影響が強いので、18歳以下の人の引越などは、より注意が必要です。(18歳以下でも、社会的に自立している人は本命星でみます)

『本命殺』(月命殺)の凶作用とは?

『本命殺』とは、字の通り「本命を殺す」、つまり自分自身を滅ぼす方位と言われています。

特に肉体面に影響が出やすいとされていて、病気やケガなど、健康上の災厄が起こりやすいのが特徴です。

『本命殺』(月命殺)に動いてしまったら。

『本命殺』の方位に移転・引越をしてしまったら、神社に『八方除』のお参りをしましょう 。ご祈祷を受けられるとより効果がえられると思います。また、吉方旅行に出かけるのも凶作用を和らげる効果があります。

ですが、五黄殺の対処法でも書かせて頂きましたが、『八方除』のご祈祷は、凶作用を和らげる効果はありますが、根本的な解決法にはなりません。

根本的な解決法は、『最大吉方位』で引越をする事です。

そうは言っても、引越はそう簡単にできるものでもないですし、最大吉方位がすぐ巡って来るとは限らません。星の巡りによっては、何年も先まで待たないと巡ってこないという時もあります。

ですので、出来る限り凶方位には動かない様に、注意した方が良いでしょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!
広告